//

IT

ちょっとハマった Postfix のバージョンアップ。

ちょっとハマった Postfix のバージョンアップ。サーバで使用している MTA は Postfix なのですが、
新しいバージョンがリリースされていた(気付いたのが今日という話…)ので
バージョンアップを行いました。

自分が利用しているレポジトリによると「一度消してから再度入れなおしてね」って事だったので、
念のためバックアップを取る -> remove -> install という流れに。

install 時に Permission denied の文字がちらほら。
何だろうなぁ、と思ったら postfix ユーザが remove 時に消され、install 時に新しく作成されたことで
uid が変わり、ロックファイルとかが変更不可状態に。

postfix は動いていないのにポートはバインドされていたので、そんな中途半端な master は kill。
ついでにロックファイルも全部消し。どうせ動いてないのだし…。

これで動くだろう、と postfix start したら private/auth が無いよ、と。
private/auth って dovecot と通信するためのソケットファイルなので、postfix を remove しても
消えないと思っていました…。dovecot を restart して private/auth が再生成されているのを確認して
postfix start したら OK でした。

postfix を入れなおす時は、周辺のパッケージも停止/起動しないとですね。

Instagr.am

Recent Posts

土山茜さん@ポートレート撮影
1月 6, 2013
By RISLIM
2013年。
1月 1, 2013
By RISLIM
神奈川県・滝『本棚』
10月 17, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『下棚』
10月 10, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『飛竜の滝』
10月 7, 2012
By RISLIM
にほんブログ村 IT技術ブログへ
Get Adobe Flash player