//

IT

CentOS 5+Postfixによるメールサーバ構築

CentOS 5+Postfixによるメールサーバ構築CentOS 5とPostfixを利用して、メールサーバを構築する機会があったので
備忘がてら記録を残しておきます。

尚、最終構成としては以下になる想定。

CentOS 5+Postfix+Dovecot+Mailman+MySQL+PostfixAdmin
 ※PostfixとDovecotはMySQLに対応させる必要があります。

CentOS 5の標準RPMのPostfixはMySQLに対応していません。
よって、ソースを弄ったあとrpmbuildしてインストール、という形になります。
※centosplusレポジトリにあるPostfixはMySQLに対応していますが、ここでは省略します。

(1) PostfixのソースRPMをダウンロードサイトから落とし、展開します。

# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5/os/SRPMS/postfix-2.3.3-2.1.el5_2.src.rpm
# rpm -ivh postfix-2.3.3-2.1.el5_2.src.rpm
# cd /usr/src/redhat/SOURCES

(2) VirtualHost+Maildir構成ではQuotaが正しく動作しない問題があるため、VDAパッチをダウンロード。

# wget wget http://vda.sourceforge.net/VDA/postfix-2.3.3-vda.patch.gz
# gunzip postfix-2.3.3-vda.patch.gz

(3) specファイルを修正してrpmbuildします。ビルドに必要なパッケージのインストールも実施。

# cd ../SPECS
# vi postfix.spec
# yum -y install gcc rpm-build db4-devel pkgconfig zlib-devel openldap-devel cyrus-sasl-devel pcre-devel mysql-devel openssl-devel
# rpmbuild -ba postfix.spec

※postfix.specの編集内容

<2行目>
%define MYSQL 0
--- (MYSQLの値を0から1に修正する)
%define MYSQL 1
<83行目~84行目>
Patch10: postfix-CVE-2008-2936.patch

--- (84行目にPatch11を追記する)
Patch10: postfix-CVE-2008-2936.patch
Patch11: postfix-2.3.3-vda.patch
<138行目~139行目>
%patch10 -p1 -b .CVE-2008-2936

--- (139行目に%patch11を追記する)
%patch10 -p1 -b .CVE-2008-2936
%patch11 -p1 -b .vda

(4) postfixとpflogsummのインストール

# cd /usr/src/redhat/RPMS/`uname -i`/
# rpm -ivh postfix-2.3.3-2.1.x86_64.rpm postfix-pflogsumm-2.3.3-2.1.x86_64.rpm

(5) postfixの自動更新無効化と既存MTA(sendmail)の停止

# vi /etc/yum.conf
# service sendmail stop
# chkconfig --list sendmail
sendmail        0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
# chkconfig sendmail off
# chkconfig --list sendmail
sendmail        0:off   1:off   2:off    3:off    4:off    5:off    6:off

※yum.confの編集内容

<最下行>
(以下を追記する)
exclude=postfix*

(6) MTAの切替

# alternatives --config mta

There are 2 programs which provide 'mta'.

  Selection    Command
-----------------------------------------------
*+ 1           /usr/sbin/sendmail.sendmail
   2           /usr/sbin/sendmail.postfix

Enter to keep the current selection[+], or type selection number: 2
※ "2" を入力してEnterキー押下。

これでMySQL対応版のPostfixのインストール/事前準備は完了です。
MySQLとの連携やPostfixの設定は別エントリで説明します。

Instagr.am

Recent Posts

土山茜さん@ポートレート撮影
1月 6, 2013
By RISLIM
2013年。
1月 1, 2013
By RISLIM
神奈川県・滝『本棚』
10月 17, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『下棚』
10月 10, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『飛竜の滝』
10月 7, 2012
By RISLIM
にほんブログ村 IT技術ブログへ
Get Adobe Flash player