//

IT

CentOS 5 に Aipo を入れてみた。

CentOS 5 に Aipo を入れてみた。古い記事のリカバリ第1弾。

CentOS 5.5とCentOS 5.5標準のhttpd-2.2にAipoをインストールして
連携させることが出来たので、備忘がてら手順メモです。

【前提】
・CentOS 5の構築が完了している
・CentOS 5標準のhttpd-2.2の構築が完了し、起動している(yum等でどうぞ)
・Aipoのインストールが完了している(Aipo側のApacheは81/tcpでLISTEN)
 ※Aipoのインストール自体はAipo公式マニュアルを参照してください。

【手順】
(1) Apache -> Aipo(Tomcat)をAJPで連携させるため、以下のファイルをバックアップ取得のうえ編集します。
 # cd /etc/httpd/conf
 # cp -p httpd.conf httpd.conf_bk`date +%Y%m%d`
 # vi httpd.conf
  □”LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so”の文字列を探し、
   そのすぐ下の行に以下記述を挿入する。

LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so

  □同ファイルの最下行に以下の記述を追加します。

<location /aipo>
    ProxyPass ajp://localhost:8009/aipo
</location>

(2) httpdを停止します。
 # /etc/init.d/httpd stop

(3) Aipoを起動します。
 # /usr/local/aipo/bin/startup.sh

(4) httpdを起動します。
 # /etc/init.d/httpd start

(5) ブラウザから以下URIにアクセスします。表示されると思います。
 http://[(Server IP) or (FQDN)]/aipo/

【注意】
 Aipoを起動してからApache(httpd)を起動するようにして下さい。

【おまけ】
 Aipoの自動起動スクリプトを超簡単ですが作成したのでよろしければどうぞ。
 自サーバでの動作確認はしていますが、責任は負いませんのであしからず。

 # vi /etc/init.d/aipo

#!/bin/bash
# Aipo Startup/Shutdown control shell
# chkconfig: 345 99 1
# description: Aipo
# processname: Aipo

start(){
    /usr/local/aipo/bin/startup.sh
    return 0
}

stop(){
    /usr/local/aipo/bin/shutdown.sh
    return 0
}

case $1 in
    start)
        start
        ;;
    stop)
        stop
        ;;
    restart)
        stop
        start
        ;;
    *)
        echo "Usage: /etc/init.d/aipo {start|stop|restart}"
        ;;
esac

exit 0

Instagr.am

Recent Posts

土山茜さん@ポートレート撮影
1月 6, 2013
By RISLIM
2013年。
1月 1, 2013
By RISLIM
神奈川県・滝『本棚』
10月 17, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『下棚』
10月 10, 2012
By RISLIM
神奈川県・滝『飛竜の滝』
10月 7, 2012
By RISLIM
にほんブログ村 IT技術ブログへ
Get Adobe Flash player